TWITTER
携帯版はこちら!
薬学部進級・留年対策 / 薬剤師国家試験の個別指導/家庭教師 シグマプラス 携帯電話はこちら
携帯電話で上記のQRコードを読み取りアクセス。
スマホはこちら!
薬学部進級・留年対策 / 薬剤師国家試験の個別指導/家庭教師 シグマプラス スマートフォンはこちら
スマートフォンは上記のQRコードからアクセス。
薬学部進級・留年対策 / 薬剤師国家試験の個別指導/家庭教師 シグマプラス
2016年の指導例です。102回の国家試験対策において弊社では複数回、国家試験に落ちた方の伸び方が顕著であったため、その例をお伝えします。
浪人生への指導例
<生徒状況>
国家試験浪人3年目。大手国家試験予備校に2年間通っていたが合格に至らず。物理・化学が苦手であり、予備校内で行われる試験(確認試験)では中位クラスの成績を維持していたが、模擬試験ではいつも点数が伸び悩む傾向があった。本年で受験を最後にしたいと保護者より家庭教師依頼を受け、週2回、月8回で授業を開始。
<9月~模擬試験>
これまでの総復習を実施。化学・物理の領域は平均点の確保を目標とし、薬理は高得点を狙う方針とした。
<9月末の模擬試験結果>
188/345(点)

この時期に苦手としていた物理と化学の領域で平均点がとれ、医療系の基礎分野である薬理では平均点を大きく超えた。


第1回模擬試験(9月末)~第2回模擬試験(11月末)
<10月~11月下旬>
続いて国家試験で配点が大きい「実務」領域の分野の対策を実施。現役病院薬剤師である講師も加え98~101回の実務分野、およびオリジナル予想問題にて徹底的に強化していく。
授業日のみでの対応だけではなく、LINEやメールを使って毎日問題を送信、強化していく(*LINEやメールでの対応は家庭教師受講生に関しては原則、無料としております)
<11末の模擬試験結果>
243/345(点)

点数が伸びた!
実務領域、実践問題に関しては、出題頻度の高い薬物、疾患、内容が類似しているため、
傾向と対策で点数を伸ばすことはそれほど難しくない。ただし、現役生ではなく、浪人生がここまで点数を伸ばすことは珍しく、生徒自身の努力のたまものであったのだと思う。

12月~1月末の模擬試験
<12~1末の模擬試験>
衛生、薬剤、薬物治療の範囲を鍛えていく。物理・化学・生物の土台を夏の段階で作っていたため、衛生や薬剤の内容が暗記するものではなく、考えれば解けるものに変化していく。


<1末の模擬試験結果>
276/345(点)

後は、本番で「こけない」対策を実施。模擬試験のような高得点を本番でとる必要はないため、失敗しない方法を身につけてもらう指導へ方針を変えた。
<国家試験>
275点/345点

予想問題にかなり類似した問題が出題され、点数を稼ぐことができた。
想定より新薬の出題が少なかったが、褥瘡の対策、在宅医療など実践領域での対策がほとんど実施できており、問題なく自己採点上で合格点を越えた。






薬学部進級・留年対策 / 薬剤師国家試験の個別指導/家庭教師 シグマプラス

薬学の進級、卒業試験、国家試験、対策において素人講師(予備校などで多人数向けへの講義経験がない)が増えてきています。しかし、そのような中で薬剤師教育予備校で経験を積むんだ講師のみを派遣し、最大の効果を生み出す会社として知られています。宜しくお願いいたします。
Sigma plus 全国対応インターネット家庭教師 シグマプラス
住所;沖縄県島尻郡南風原町宮平257-3-902シグマプラス事務局  電話番号;電話番号→ 098-800-1570
This site is powered by town-nets.jp.   [Control]