【進級試験対策】~昭和大学編~

投稿

こんにちは!

本日は薬学部における進級対策に関して記載していきます。

今日は、昭和大学北海道医療大学摂南大学愛知学院大学鈴鹿医療化学大学の生徒に授業を実施しました。

 

それぞれの大学で試験内容に特色がありそうですが、

意外と

「国家試験の過去問題」

が出題されていることも多いですね。

 

シグマプラスのプロの講師だと、

「問題を見た瞬間」に「国試の過去問題」と判断できます。

そこから、試験対策の方法を考えることが少し簡単になったりします。

*国家試験の問題を過去20年分くらいは丸暗記しています!

 

今回はその中で

 

「昭和大学」

の進級試験について触れていきますね。

 

昭和大学の試験内容は、「大学独自」の授業内容と

 

「国家試験対策」の部分が

 

凄く良い感じでバランスがとれている!。

めちゃくちゃクオリティーの高い定期試験になっています!

 

昭和大学の薬学部の先生方ってすごいなって思います…。

 

しかも医療系の試験に関しては、「薬理」、「薬物治療」に加えてそこに関する「有機化学」などが

まとまって出題されるなお、「体系的」な授業になっており本当にすごい大学です。

 

一方、良い意味でも悪い意味でも生徒を悩ませているのが

「単位制」ではない

大学です。

 

 

「どういうこと?」と思いになる方もいらっしゃると思いますが、

一言でいうと

 

「もし留年してしまうと、合格した科目も全て翌年に受けなければならない。」

 

つまりは、

「落とした科目(単位)だけ、とれれば進級できるわけではない」ということです!

 

 

ちなみに、この制度をとっている大学はおそらく昭和大学様のみです。

これが良いのか?悪いのか?…と言われると回答に悩む部分がありますが、

 

こうやって鍛えられ、卒業できた学生は

「卒業したけど国家試験に受からない」

という悩みを持つ方は少ないのではないかなと思います。

 

この辺りについては、また別の記事にて考察をしたいと思います!

 

それでは!


【執筆講師:はんぞう】

・元予備校講師。薬剤師国家試験での得点率は約95%。

・全国30大学以上で授業をした経験がある。

・現在は個別指導塾の講師として留年生の進級をサポートするなど活動中。

・「合格できそうにものない!将来が見えない」

という受験生に寄り添い合格へと導きたいと日々奮闘。

・担当した生徒の合格率は90%を越える。