ブログ

全5件中 1~5件目を表示

必須問題の解説が少なくて困っている生徒への指導方法について(101-69)

投稿
更新

こんにちは!シグマプラスです!

 

新年度となり106回の国家試験に向けてシグマプラスの生徒も順調に勉強を進めています。

 

さて、そんな中、LINEで頂いた受講生から質問をご紹介いたします。

 

 

【質問内容】

・必須問題で解答・解説をみても良く分からない時ってどうすれば?よいですか?

101回の69番がわからないんですけど…。

 

 

なるほど…。

 

一般的な参考書や薬剤師国家試験の解説書では、必須問題に関しては特に解説が不十分な場合も多いですよね。

 

そのため、シグマプラスの個別指導だと、まずは困ったらメールやLINEで質問!と伝えています。

 

それでは実際に質問を頂いた問題対して回答した例をご覧ください!

 

【101回-69番の内容】

消失経路の観点から、腎機能障害時に投与量の補正が必要な薬物はどれか。1つ選べ。(101-69)

1 アテノロール  2 プロプラノロール  3 アセトアミノフェン

4 デキストロメトルファン 5 アミオダロン

 

解答1

 

 

 

【生徒への回答例】
アテノロールが腎排泄型の薬物は覚えておいても損はなし!
また、アテノロールの用法・用量について出題されることがあるので覚えておきましょう!

 

アテノロールの用法・用量 → 50mgを1日1回(通常、成人に対して)
(参照問題:99回の331、90回の216)

 

 

アテノロールが腎排泄型なんて知らないよ…。。。どうしたらよいですか?

 

 

大丈夫です!!!

 

それ以外の選択肢を排除することで答えを出すことも可能です!

2)プロプラノロール → CYP1A2などで代謝

CYP1A2で代謝されることを覚えていなくても、

薬剤の範囲の過去問題にある「肝血流律速の薬剤」の知識で対応ができます!!

 

【肝血流律速の薬剤の覚え方】

~ゴロ~ プリケツに

プ:プロプラノロール

リ:リドカイン

ケツ:血流律速

ニ:ニカルジピン、ニトログリセリン

から推定して、 肝代謝が主だって考えると良いと思います。

 

 

3)アセトアミノフェン
衛生薬学の範囲を復習してみましょう!CYP2E1により代謝され活性代謝物になり肝障害を起こす原因となる問題を思い出してみましょう!

(過去問題だと98回236~237、解毒機構は102回の209番)

 

 

4)デキストロメトルファン
デキストロメトルファン単独で覚えるのであれば、
」キストロメトルファンの 「」 → D → CYP2D6での代謝につなげるのも良し!

なお今回の生徒についてはゴロのプリントも配布しておりそちらで対応ができました!(ツイッターでも配信しています!!)

 

 

5)アミオダロン

アミオダロンはCYP3A4で代謝されることは覚えておいて欲しいですね。

他にも、
・アミオダロン投与時には肝機能モニタリングを実施する。(正解の記述:100回の232)

・アミオダロンの投与量は、高齢者では腎機能の低下が予想されるので、 腎機能に応じて減らす。(誤りの記述:83-186)

 

などが出題されていますよね!

 

ただ注意事項としては98回-328番、タダラフィルとの併用に関する問題で、

 

選択肢2)
・腎機能がある患者では減量を検討する基本的にはタダラフィルに関しての問題なので、混同しないように注意しましょう!

 

また、アミオダロンに関しては受験生が忘れがちな内容に

アミオダロンは分布容積が大きい(組織移行性が高い)も忘れがちなので注意して頂けると嬉しいですね!

 

(103回43番)~臨床上での余談~

・腎排泄率が 1%未満のアミオダロンは,腎機能障害がその血中濃度推移にほとんど影響しない

しかし、透析を行っている腎機能障害患者では肝代謝酵素の活性も低下しているとの報告もあり注意が必要。

 

 

………………………………………………………………………………

上記のやり取りをするなど、個別指導で結果がでるように進めています!

大学に通いながら、予備校に通いながら受講される方も多数いらっしゃいますので、

ご相談などあればお気軽にお問合せください!

………………………………………………………………………………

薬剤師国家試験CYP関連のゴロと問題の資料

投稿
更新

http://sigmaplus-yakugaku.com/wp-content/uploads/CYP関連ゴロと問題.pdf

*免責事項)

シグマプラスでは薬剤師国家試験の合格を目指す受験生に向けて情報・資料を提供しており

内容の信頼性、正確性を保つよう努めておりますが、情報・資料を利用することで発生したトラブルや損失、損害に対して責任負いません。

また薬学生及び薬剤師国家試験受験を目指す方以外のご利用はご遠慮頂きますようお願い致します。

106回国家試験対策講座の受付について

投稿

2/25日より第106回薬剤師国家試験対策の個別指導講座の生徒様を募集します。

「予備校に通学したが合格できなかった」、「集団授業が苦手」、「昨年から点数が上がらなかった」

などでお悩みの生徒様から大変好評を頂いている国家試験対策の個別指導です。

料金やシステム、受講方法などお気軽にご質問ください。

~学習方法~ 復習のタイミング

投稿
更新

こんにちは!

シグマプラス学習法検討チームです!

 

受講生から質問を頂きました!

復習のタイミングっていつが効率的なの」のような質問がきてたので記事にしてみます。

たしかに、時間をかけずに効率よく暗記していきたいですよね…。

 

今回は分散学習」について簡単に書いてみました!

ざっくりというと…

忘れかけた頃(あぁ~覚えたつもりだったのに~)というタイミングで

復習してみよう!って学習方法です。

 

エビングハウスの忘却曲線、ピョートル・ウォズニアックの研究などなど…、種々の

案が報告されています。

それらを参考に、シグマプラスの講師は、

 

<シグマプラス流復習術>

1)授業当日で70~80%は固める

2)翌日に復習

3)1週間後に復習

4)2週間ちょっと過ぎ(16日後くらい)に復習する。

5)一か月ちょっと過ぎ(35日後くらい)に復習する。

を実践している講師が多いみたいです。

ざっくりと、

当日、翌日、1週間後、2週間後、1ヵ月後で定着している生徒も多い気もします。

 

授業だけでなく、「生徒の要望に応じてLINEで復習用の問題を出す

という講師も多いようです。

強者の講師になるとモチベーションが低くなる時間などを考慮して質問がくるのだとか……。

 

たしかに苦手な所を中心に定着化を図るというのも手法の一つですね。

ある程度の知識を習得した範囲を強化するというメソッドありますが、また別の記事で!)

 

さて、初回の記事は簡単ですが興味をお持ちいただければ嬉しいです!

 

次回は「国家試験とメンタル」について記載していきます。

 

試験における「メンタル」って何?

ツイッターで自分の成績(模試など)を公表するヒトがいる理由は?
などの記事にする予定です!

 

それでは!

 

 

薬学部家庭教師シグマプラスのブログ開始します!

投稿
更新

こんにちは!

薬学部進級指導・国家試験指導の家庭教師シグマプラスです!

今後、シグマプラスでは薬学部での試験対策に有用な情報を更新していきます!

【シグマプラスの国家試験の合格率】

■ 国家試験合格率:2017年→100%(週1回数以上の受講者)

これまで予備校で浪人生活を長く続けていた多くの多浪生が合格者されました。

■ 国家試験合格率:2018年→80%以上

 

シグマプラスの進級対策指導】

■ 進級成功率:2017年→90%以上(週1回以上)

■ 進級成功率:2018年→90%以上(週1回以上)

多くの受講生が留年を免れ進級に成功しました。

 

今後のブログでは

「薬学部の乗り切り方」

「進級に悩む保護者ができること」

「試験対策におけるコツ」

「薬学生と両親の距離感」

「根拠のある学習方法」

などの情報を配信してまいります。

お楽しみに!